本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

ティップランを代用ロッドでお手頃価格で楽しむ方法!元釣具店員がオススメや選び方を解説

ティップランを代用ロッドでお手頃価格で楽しむ方法!元釣具店員がオススメや選び方を解説 イカメタル・エギング
スポンサーリンク

近年大人気のアオリイカエギング!

陸からは手軽で楽しいのですが船からアオリイカを狙うティップランも病みつきになる楽しさがありますので筆者が釣具店スタッフ時代に質問されることが多かった釣りものです。

質問してきたお客様は友人や会社の人に誘われたというパターンが多かった様な印象があります。

そもそも、ティップランとはボートで水深の深い場所を通常のエギよりもシンカーが重く作られたエギでアオリイカを狙います。

通常専用の繊細な穂先のスピニングロッドでイカが触ったのを目で見てアタリをとる事からティップ(穂先)ラン(走る)という名前が付いた釣りらしいです。

繊細な当たりをとって合わせた瞬間の心地よさは病みつき!

水深のあるポイントだと大型の固体や連発もあり得ますので夢も膨らみます!!

繊細な当たりをとる釣りなので専用ロッドの方が良い前提ですが、一回誘われただけで専用にロッドを揃えるのはちょっと…。という方のためにティップランに代用できるロッドのおすすめをご紹介します。

さらに代用ロッドと比較した上で、それでも専用ロッドを買いたい!と思った方のために、ティップラン専用ロッドもおすすめも合わせて紹介します!

元釣具店スタッフの筆者なりにどちらかというとティップラン初心者や釣り初心者でも安心して使える竿でまとめてみましたので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

ティップランロッドの特徴とは?

ティップランロッドの特徴とは?

繊細な穂先でアタリを感じる

高活性時は竿先が急に持ち込まれたり、ラインがたるんだりと分かりやすい当たりが出ますが、低活性時は繊細な穂先の微妙な揺れを合わせていく必要があります。

そうなるとアオリイカがエギに触れた瞬間に合わせる必要が有りますので、違和感を感じ取るためにソリッドティップ等の繊細な穂先が必要です。

スピニングロッドが扱いやすい

スピニングタックルは、流れがあっても底をとるためのフォールの速さ、身切れを防いだりドラグを出しながらしゃくる事ができるドラグ機能で、ベイトリールよりも初心者には扱いやすいです。

筆者的にはベイトリールよりもスピニングの方が明らかにアドバンテージが有ると考えます。

しゃくりやすさ

エギングよりもキャストしない分、しゃくっている時間が長いです。

脇に挟める少し長めのグリップ設計だと、しゃくりがしやすいですよ。

また、ボートでもしゃくりやすいように長さが7ft以内が多く、5ft台のかなり短めも発売されています。

ティップラン代用ロッドの条件

ティップラン代用ロッドの条件

当たりをとれる穂先

ここまでに何度も説明していますが、イカの繊細な当たりをとるためにソリッドティップは必要な条件です。

柔らかく自由度が高いティップは吸収力が高く、エギを素早く安定させる事にも繋がります。

結果当たりも増えていくといった流れになります。

長すぎず硬すぎないロッド

乗り合いの船が基本になりますのでエギングの陸で使うような8ft超えの長すぎるロッドはNGです。

おすすめは7フィート前後です。

さらに硬すぎるロッドはしゃくり続ける事が厳しいのでコチラもミスマッチとなります。

ルアーの重さが適応可能

ティップランのエギの重さは30g〜80gと幅広いです。

代用するロッドによって適応のグラム数がどこまで耐えられるかを知っておく必要があります。

許容範囲以上の重さを使うと破損の恐れがありますので注意が必要です。

ティップランに代用できるロッドのおすすめ

イカメタル代用ロッドのおすすめ

イカメタルロッド

同じく船でイカを狙うイカメタルのスピニングロッドは長さやオモリ負荷的にも対応可能です。

エギングのしゃくりを想定して設計されているわけではないですが、安心して使えるレベルだと思います。

以下の記事にイカメタルの専用ロッドや代用ロッドを紹介していますので参考にして頂ければと思います。

タイラバロッド

スピニングタイプのタイラバロッドであればティップランに代用する事ができます。

竿自体のパワーはティップランロッドよりも強いのでフッキングやファイト時は身切れに注意が必要です!

以下の記事にタイラバの専用ロッドや代用ロッドを紹介していますので参考にして頂ければと思います。

エギングロッド

陸で使うエギングロッドは船のロッドより長めの傾向が有りますので取り回しの心配があります。

中でも7フィート台のものであれば代用可能だと思います!

ティップがソリッドタイプの物が前提になります。

以下の記事にエギングの専用ロッドを紹介していますので参考にして頂ければと思います。

バスロッド

バス釣りに利用するロッドは6ft〜7ftが多いので船での取り回しもよく使いやすいです。

こちらもソリッドのタイプが前提になります。

オモリ負荷が軽めになるのでバスにしては少し硬い部類のMLのスピニング等で代用可能かと思います。

注意点としてはグリップエンドが短く、脇に挟めないのでしゃくり方次第で手首を痛める場合があります。

使用には若干注意が必要ですが、アジングロッド、メバリングロッド、などでも代用は可能かと思います。

2024年版ティップラン専用ロッドのおすすめ

代用ロッドをご紹介してきましたが、正直なところ安くても良いので専用ロッドがやっぱり一番使いやすいと釣具店時代も説明していました。

やっぱり専用ロッドにしておこうと思った方にオススメはこちら!

ダイワ エメラルダスXボート

エメラルダスXボートはティップラン専用のエントリーロッドです。

基本性能を抑えつつ、価格を抑えたロッドになっています。

ラインナップは以下の通りですが、個人的には70MLS-Sがおすすめです。

7フィートというちょうど良い長さが、キャスティング、ティップランの両方のスタイルに対応できる1本となっています。

品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
エギ
サイズ
(g)
適合
ラインPE
(号)
メーカー希望
本体価格(円)
65LS-S 1.96 2 102 79 0.7/9.4 15-50 0.4-0.8 17,500
511MLS-S 1.8 2 94 80 0.7/8.9 18-70 0.4-0.8 17,500
65MLS-S 1.96 2 102 82 0.7/9.9 18-70 0.4-0.8 17,500
70MLS-S 2.13 2 111 85 0.8/9.9 18-70 0.4-0.8 17,500
65MLS IL 1.96 2 102 90 1.3/1.9/9.4 18-70 0.4-0.8 18,500
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥13,475 (2024/07/23 00:28:48時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ セフィアBB ティップエギング

2023年8月に発売になったばかりのセフィアBB ティップエギング。

ロッド性能が飛躍的に進化したハイコストパフォーマンスで、シマノの中でティップランのエントリーモデルです。

ラインナップは以下の通りですが、おすすめはR-S66ML-SもしくはR-S70ML-Sです。

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) エギウェイト(g) 適合ラインPE(号) 本体価格(円)
R-S511ML-S 1.80 2 93.7 82 0.9 MAX 60 0.4-1 17,600円
R-S66ML-S 1.98 2 102.7 94 0.9 MAX 60 0.4-1 18,100円
R-S70ML-S 2.13 2 110.2 96 0.9 MAX 60 0.4-1 18,600円
R-S66M-S 1.98 2 102.7 95 1.0 MAX 80 0.4-1 18,600円
R-S70M-S 2.13 2 110.2 97 1.0 MAX 80 0.4-1 19,100円

メジャークラフト 3代目クロステージ ティップラン

リーズナブルでありながら、本格ロッドに仕上がっているのがメジャークラフト 3代目クロステージ ティップラン。

ラインナップは以下の4つ。初めてのティップランロッドにおすすめなのは、シーズンを通してオールマイティーに使えるCRXJ-S682L/TEです。

Model 全長
(ft)
継数
(pcs)
ルアー(g) PEライン(号) PRICE
(税込価格)
CRXJ-S602L/TE 6’0” 2 MAX 45g 0.4-1.0 ¥13,700
(¥15,070)
CRXJ-S682L/TE 6’8” 2 MAX 45g 0.4-1.0 ¥14,000
(¥15,400)
CRXJ-S682ML/TE 6’8” 2 MAX 75g 0.6-1.2 ¥14,200
(¥15,620)
CRXJ-S682M/TE 6’8” 2 MAX 90g 0.6-1.2 ¥14,600
(¥16,060)
created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥11,419 (2024/07/23 00:28:49時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ティップランに使える代用ロッドの条件とオススメを見てきました!

筆者の意見としては、既存の出来上がっている釣りにおいて使いやすさは専用ロッドに勝るものが無いと考えますが、要点を抑えて理解したうえで代用ロッドを使用することは可能です。

釣りに正解は無いのでその釣りのターゲットを知ることで新しい釣り方を見つけていくことができると思います。

あまり固く考えずに使えそうなら試してみるのも釣りの楽しみ方の一つです!

今年の秋のアオリイカシーズンはティップランへ行ってみてはいかがでしょうか??
きっと陸からでは得られない釣果が待っているはずです!

\ジギングジャーニーから週1回LINEで釣果や独り言を発信してます!釣りに関する情報交換はこちらのLINEからどうぞ/

友だち追加

この記事を書いた人
アバター画像

北陸出身の元釣具店員。海のルアーフィッシング、淡水ルアーやエサ釣り含め一通り。鮎の友釣り等もやっています。
キャンプ等のアウトドアも大好きです。釣具店で接客していた経験を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

51Productをフォローする



イカメタル・エギング
51Productをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました