本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

24オシアコンクエストCT300HGは買い?前機種や21ソルティガIC300h-SJとの比較

24オシアコンクエストCT300 HGは買い?前機種や21ソルティガIC300h-SJとの比較 リール
スポンサーリンク

24年7月にいよいよ24オシアコンクエストCT300が発売されますね。前機種の18オシアコンクエストCTから6年ぶりのフルモデルチェンジになります。

ジギング用ベイトリールは、カウンター付きがいい!という人には待ちに待った新製品の登場ですね。

ご多分に漏れず私もそうで、PEラインの色で水深を把握するなんて高等な技術は持ち合わせていないので、機械に頼れるところは頼りたい派です。

今回の24オシアコンクエストCT300の注目ポイントは個人的には、格好いいシルバーカラーとギヤ比にMGがラインナップに追加されたということでした。

ということで、私自身、24オシアコンクエストCT300を買おうか迷っているのですが、本記事では競合機種の21ソルティガIC 300や前機種の18オシアコンクエストCT 300とスペック比較しながら、購入検討をしていきたいと思います。

以下にジギングカウンター付きベイトリールや、21ソルティガIC 300のインプレをまとめてありますので合わせてご覧頂ければと思います。

スポンサーリンク

24オシアコンクエストCT300のラインナップと発売時期

24オシアコンクエストCT300

発売時期

発売日は、以下の感じで五月雨式で発売されるようです。

  • 300HG&PG⇒2024年7月
  • 301HG⇒2024年8月
  • 300MG⇒2024年9月
  • 301MG⇒2024年10月

ラインナップ

ラインナップはギヤ比違いでPG、MG、HGの3種類で、それに右巻き、左巻きがあります。

PGは右巻きのみです。

各ラインナップのスペック表は以下です。

私はこのリールを使う場合はオフショアでの青物を狙った近海ジギングなので、最大巻上長が一番多い300HG RIGHTかなーと思っています。

ディープタイラバをやる方はMGも良いですね。

品番 ギア比 最大ドラグ力(Kg) 自重(g) スプール 径(mm)/幅(mm) 糸巻量PE(号-m) 最大巻上長(cm/ハンドル1回転) ハンドル長さ(mm) ベアリング数BB/ローラ― 本体価格(円)
300PG RIGHT 4.8 8 395 43/22 2-380, 3-250 65 75 9/2 73,000
300MG RIGHT 5.5 8 385 74 70
301MG LEFT 5.5 8 385 74 70
300HG RIGHT 6.2 7.5 395 84 75
301HG LEFT 6.2 7.5 395 84 75

主な新機能

24オシアコンクエストCTの主な機能を22オシアコンクエストと18オシアコンクエストCTと比較してみたのが以下の表です。

これを見ることで18オシアコンクエストCTからの進化や22オシアコンクエストとの違いが一目瞭然だと思います。

搭載テクノロジー 24オシアコンクエストCT 22オシアコンクエスト 18オシアコンクエストCT
HAGANEボディ
マイクロモジュールギア
インフィニティドライブ  
Xプロテクト  
フォールレバー
Sコンパクトボディ
エキサイティングドラグサウンド
S A-RB(ベアリング特殊防錆処理)
海水OK
レベルワインド連動
液晶画面角度    
巻上距離アラーム  

ここからは少しだけ24オシアコンクエストCTの特徴をフォローアップしておきましょう。

基本性能は22オシアコンクエストを踏襲しているとのことで、まずはインフィニティドライブが搭載されているところから見ていきます。

インフィニティドライブ

これは22オシアコンクエストをお持ちの方なら既に実感済みだとは思いますが、このインフィニティドライブ、マイクロモジュールギア、HAGANEボディといった3つのテクノロジーが合わさることで軽く滑らかな巻き心地や感度向上を実現しているとのことです。

続いて巻上距離アラーム機能です。

以下は5mに設定した時の例ですが、着底後にクラッチをONにしてから設定した分を巻き取るたびに音で巻取り量を知らせてくれます。

着底から計3回なります。5mに設定した場合だと5m毎に15mまで3回鳴るということです。

巻上距離アラーム

続いて液晶画面の角度です。

18のフラットから少し角度を持たせた液晶画面にすることでリールを巻きながらでも容易に画面を視認することができます。

液晶画面角度

最後はコンパクトボディです。

18に比べサイズが更に3mほどコンパクトになりました。手の小さい人でもしっかりとパーミングできますね。

サイズが更にコンパクトに

24オシアコンクエストCT紹介動画

以下はシマノから出ている24オシアコンクエストCTの紹介動画です。

合わせて見て頂けると理解が膨らむと思います。

24オシアコンクエストCT300と21ソルティガIC300h-SJの比較

続いて競合であるダイワの21ソルティガICとも比較しておきたいと思います。

比較対象は私の使用するであろう番手の24オシアコンクエストCT 300HGと21ソルティガIC300h-SJ、更には前機種の18オシアコンクエストCT 300HGとも比較しておきます。

これを見るとスペック上は21ソルティガIC300h-SJが魅力的に見えます。

ただ21ソルティガIC300にはフォールレバーは付いていないので、太刀魚などでフォールレバーを多用する釣りをしている人には物足りないかもですね。

ただ個人的には21ソルティガIC300h-SJを実際に使ってきて、その素晴らしさを実感しているので、24オシアコンクエストCT 300HGを買うのか、21ソルティガIC300h-SJをもう一台買うのか、迷うところではあります。

色んなリールの技術を試してみるという意味では、24オシアコンクエストCT 300HGも捨てがたいです。

項目 24オシアコンクエストCT 300HG 18オシアコンクエストCT 300HG 21ソルティガIC 300h-SJ
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 84 84 98
ギア比 6.2 6.2 7.3
自重(g) 395 390 405
最大ドラグ力(kg) 7.5 7.0 10.0
標準巻糸量PE(号-m) 2-380, 3-250 2-380, 3-240 2-400, 3-250
スプール径(mm) 43 43 43
ハンドル長さ(mm) 75 70 85-95
ベアリング(ボール/ローラー) 9/2 10/1 11/1
メーカー希望本体価格(円) 73,000 68,300 71,500

24オシアコンクエストCT買うならアマゾンや楽天がお得

本格的に24オシアコンクエストCT 300HGを購入しようと釣具屋とアマゾンのどちらで買うか検討しています。

結論から言うと私の近所の釣具屋よりアマゾンの方が7000円ぐらい安かったです。

釣具屋のポイント10倍キャンペーン期間でもアマゾンの方が約1000円安いという結果でした。

詳細は以下。

某釣具屋:税込64240円(ポイント10倍で税込58400円)
アマゾン:税込59455円(ポイント3.5%付与で税込57374円)

リールは巻き心地など個体差はあるのですが、使用していない状態ならアマゾンや楽天で購入しても交換してもらうことも可能です。

実際、24セルテートの時に異音が許容範囲を超えていたので交換してもらいました。

一度、釣具屋で実際に手に取ってみて、巻き心地などを実感したのならアマゾンや楽天で買った方がお金的にはお得だと思います。

それにしても、なんで釣具屋ってこんなに高く売っているのでしょうかね?

高く売っても、安心感という意味で釣具屋で買うと思っているのでしょうか?

その辺はなぞです。ただ皆さん、ネットと実店舗との価格差は知っていると思うので、賢い人はネットで買うような気がします。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥59,455 (2024/07/13 01:06:52時点 Amazon調べ-詳細)

24オシアコンクエストCT300購入検討まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は24オシアコンクエストCT300を購入検討している中で、調べたことをご紹介しました。

まとめると以下の感じです。

  • 個人的にはジギングはカウンター付きがおすすめ
  • であれば、最新技術が搭載された24オシアコンクエストCT300HGもしくは21ソルティガIC 300h-SJがおすすめ
  • 21ソルティガIC 300h-SJはフォールレバーがない
  • 釣具屋で買うならネットで購入した方がお得

\ジギングジャーニーから週1回LINEで釣果や独り言を発信してます!釣りに関する情報交換はこちらのLINEからどうぞ/

友だち追加

この記事を書いた人
ジギングジャーニー編集長

釣具メーカーでリールの開発設計をやっていた釣りバカです。20代までは主にバス釣り、その後の海外生活を機に日本の海に囲まれた環境の素晴らしさを再認識。そこからは海でのジギングやキャスティングで青物メインに狙ってます。

ジギングジャーニー編集長をフォローする



リールオフショアジギング
ジギングジャーニー編集長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました