本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

サワラキャスティングにおすすめのジャークベイト8選!思わず口を使うミノーたち

サワラキャスティングにおすすめのジャークベイト8選!渋い状況でもヒットに持ち込む ルアー
スポンサーリンク

サワラキャスティングとは船上からミノーやジグなどを用いてサワラ狙うルアーフィッシングの一種です。

サワラの早く強い引きでスリリングなやり取りが魅力となります。

なぶらを見つけてキャストする時の感覚はまさに中毒的な楽しさを引き出しています。

サワラキャスティングは、近年始める方も多く各地で人気爆発中のジャンルです。

一般的に使用するルアーとしてブレードジグ、ミノーがありますが、ミノーのただ巻きで反応しない場合にジャークベイトが効きます。

今回の記事ではサワラキャスティングにおすすめのジャークベイトを厳選して紹介しますので宜しければ最後まで閲覧頂き、購入の参考にして頂けたらと思います。

ジャークベイト以外に外せないブレードジグのおすすめやミノーのサゴシチューンのインプレは以下の記事を参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ミノーのジャークアクションとは

ミノーのジャークアクションとは

ジャークアクションとはロッドを上下もしくは左右に鋭く煽り、ルアーを水中でダートさせ、バイトを狙うアクションの事です。

ロッドを上に煽りながらジャークする場合は、やり易いのですがミノーが深く潜らなかったり、ミノーが近づいてくると水面から飛び出してしまったりするので注意しましょう。

逆にロッドを下や左右に煽りながらジャークする場合は、ミノーは一定の深さを泳いでくれます。

ただロッドを下に煽ってジャークする場合は、背の低い船の場合は、ロッドの長さも考えると水面にロッドがついてしまったりとやりづらい時もあります。

魚が意識しているレンジに合わせてジャークのやり方も変えると良いです。

ジャークすることをジャーキングといったりもします。

同じようなルアーアクションの一つにトゥイッチングというのもあります。

ジャーキングとトゥイッチングの違いは、明確にはありませんが、私の認識ですとジャーキングよりトゥイッチングの方がより小刻みにロッドを煽る感じです。

なのでダート幅でいうとジャーキングの方が大きくなるイメージです。

サワラキャスティングでジャークが必要になる状況

サワラキャスティングでジャークが必要になる状況

サワラキャスティングでの基本アクションはただ巻き、高速巻きですが、それだけではなかなかサワラが釣れない日もあります。

なぶらも起こらずサワラの活性が低い時に口を使わせる場合に、不規則なダートアクションをしたり、喰わせの間をつくる事ができるジャークアクションは重要なテクニックとなります。

ジャークも以下のように色々なバリエーションがあるので、色々と試しながらその日のヒットパターンを見つける感じです。

  • ジャークのみ
  • ジャーク+ただ巻き(途中にただ巻きを入れる)
  • 上下もしくは左右とロッドを煽る方向を変える

もちろんジャーキングミノーも色んな動きのものがあるので、色々と変えてみるのも良いです。

この後ご紹介するジャーキングミノーはどれも実績があるものばかりなので、それらをローテーションさせながらヒットルアーを探るのも良いでしょう。

サワラキャスティング用おすすめジャークベイト

ジャークベイトはロッドでアクションをつけると左右に飛び跳ねるような動きを見せ、サワラに強くアピールすることができるルアーです。

おすすめのルアーを以下より紹介していきます。

デュオ レアリスジャークベイト130S SW

レアリスジャークベイト13センチの限定ソルトウォーター(SW)仕様です。

ショア、オフショアどちらでも扱えて、ジャークアクションが容易にできる操作性抜群の使いやすいルアーです。

またアクション時に水中でキラッと反射するボディーフラッシングはサワラを誘い出すのに効果的です。

全長(mm) 130
ウエイト(g) 24.5
レンジ(深さm) ~2.0
フックサイズ #4
リングアイサイズ #3
販売価格 1,800円

ダイワ ダーティンZ 140S

サワラをはじめ様々な魚のやる気スイッチを入れてくれます。

左右への激しいダートで切れのあるジャークアクションが特徴です。

口をなかなか使わない渋い環境で効果を発揮し、ジャーク専用のリップは軽くロッドを煽るだけで、大きくルアーをジャークさせてくれるので疲れにくく、長時間の釣行にも適しています。

全長(mm) 140
ウエイト(g) 24.5
レンジ(深さm) 0.5~1.5
フックサイズ #4
リングアイサイズ #3
販売価格 2,000円
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥2,500 (2024/06/22 21:58:48時点 Amazon調べ-詳細)

メガバス X80マグナム

バス釣りで愛用者の多いメガバスのX-80をプラットフォームはそのままにソルトウォーター専用に開発されたルアーで、対シーバスなどに良く使用されます。

サワラにも有効なローリングアクション&脱軌道アクションで誘い出します。

全長(mm) 80.5
ウエイト(g) スローシンキング:11g

シンキング:14g

レンジ(深さm) シンキングタイプ
フックサイズ #6
販売価格 2,400円
created by Rinker
メガバス(Megabass)
¥1,564 (2024/06/22 21:58:48時点 Amazon調べ-詳細)

ウォーターランド ジャークソニック130S

高速ただ巻きでウォブンロールアクション(ウォブリング:左右の振れで尾を揺らすような動きと、ローリング:ルアーの軸を中心に左右に倒れ方向の動きのミックスアクション)を起こし、巧みに魚を誘い出します。低速で巻くとルアーが泳がないので注意が必要です。

ダートアクションも優秀で誰でも安定した操作が可能です。

全長(mm) 130
ウエイト(g) 25.0
レンジ(深さm) シンキングタイプ
販売価格 1,800円
【メール便可】ウォーターランド ジャークソニック130S

O.S.P ルドラ 130 SP SW

ビッグベイトの魚を寄せる性能とノーシンカーワームのような食わせる性能をあわせ持った、これまでにないルアーです。

ただ巻きでのローリングアクションに加え、フルフラットなボディーから生み出されるフラッシング性能が特徴で、広範囲の魚にアピールできます。

全長(mm) 130
ウエイト(g) 20.0
フックサイズ #4
販売価格 2,200円
created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥2,350 (2024/06/22 21:58:49時点 Amazon調べ-詳細)

パームス Ark Rover 140S

ただ巻きでウォブンロールアクションを起こして、魚のスイッチを入れ捕食を促します。

見切られにくく足元ギリギリまでチャンスゾーンです。

ジャークアクションでは弧を描く幅広なダートとヒラウチのハイブリッドアクションでターゲットを巧みに誘い出します。

飛距離、ジャーク、リトリーブなど優れた性能で、様々な状況に力を発揮するハイスペックなルアーです。

全長(mm) 140
ウエイト(g) 23.0
レンジ(深さm) シンキングタイプ
フックサイズ #4
販売価格 2,000円
created by Rinker
パームス(Palms)
¥1,963 (2024/06/22 21:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

マングローブスタジオ ストライクジャーク

高速で巻くとルアーが安定して泳ぎますが、中速ではあえてバランスを崩し、左右へ蛇行する特殊なミノージャークベイトです。

ただ巻きでも勝手にふらつくようなアクションがつけられますので初心者でも扱いやすくサワラに喰わせの間を演出します。

全長(mm) 120
ウエイト(g) 35.0
レンジ(深さm) シンキングタイプ
フックサイズ #2
リングアイサイズ #5
販売価格 2,000円

マングローブスタジオ ストライクジャーク公式ホームページ

ブルーブルー ブローウィン140J

ブローウィン140Sのジャーキングエディションです。

140Sのジャークアクションを更にジャークに特化させた感じです。

自重も140Sに比べて3gアップし、更に飛距離が出やすいのと、140Jを少し沈めてサワラを狙うこともやり易くなりました。

サワラが浮いていない時に少し沈めて狙うと口を使うことがあるので、そういう時に重宝しますね。

また、同じウエイトのルアーと比較してもとにかく良く飛びます。

ただネックは入手が困難なこと。発売と同時に売り切れる感じです。

なので私は過剰にこのルアーに執着する事はしていません。

全長(mm) 140
ウエイト(g) 26.0
レンジ(深さcm) 120~150cm
フックサイズ #4
リングアイサイズ #3
販売価格 2,350円

ブルーブルー ブローウィン140J公式ホームページ

まとめ

サワラキャスティングにおすすめのジャークベイトの紹介は以上となります。

これからサワラキャスティングを始める方も含めて参考になればと思います。

脂がのったサワラは釣って楽しい、食べておいしいと2度楽しめるので是非チャレンジしてみてください。

サワラキャスティングに特化したタックルのおすすめは以下の記事を参考にしていただければと思います。

\ジギングジャーニーから週1回LINEで釣果や独り言を発信してます!釣りに関する情報交換はこちらのLINEからどうぞ/

友だち追加

この記事を書いた人
ジギングジャーニー編集長

釣具メーカーでリールの開発設計をやっていた釣りバカです。20代までは主にバス釣り、その後の海外生活を機に日本の海に囲まれた環境の素晴らしさを再認識。そこからは海でのジギングやキャスティングで青物メインに狙ってます。

ジギングジャーニー編集長をフォローする



ルアーサワラキャスティング
ジギングジャーニー編集長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました