本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

山口のジギングおすすめ遊漁船5選と評判・口コミ!ブリやヒラマサの青物を狙え

山口のジギングおすすめ遊漁船5選と評判・口コミ!ブリやヒラマサの青物を狙え ジギング船
スポンサーリンク

ジギングとはメタルジグという魚を模した金属性ルアーを使用して、遊漁船やボート、磯から青物や根魚を狙う釣りジャンルのことです。

近年ジギングはルアーフィッシングの中でも青物(ヒラマサ・ブリなど)の強烈な引きを楽しめるジャンルとして人気を博しており、「海上の格闘技」と揶揄されるほどエキサイティングな釣法となっています。

山口県は角島周辺をはじめ国内でも特に美しく澄んだ海に恵まれており、シーズンになれば遊漁船がたくさん出船し、鳥山を囲んで一斉にジギングを行う光景が見られます。

その際に、良いポイントを知っている遊漁船や、状況に応じてルアーの使い分けを案内してくれる船長さんの存在は重要です。

本記事では山口のジギングに強いオススメ遊漁船を紹介していますので、釣行前の参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

山口県のジギングの時期

山口県のジギングの時期

日本海側では年中青物が釣れていますが、特に3~5月9~11月がハイシーズンとなっており大量のハマチアコウ真鯛カツオの釣果が見込めます。

また、冬季には数は減りますが脂の乗った真鯛や大型の寒ブリがHITする為、夢のある時期となっています。

特にキビナゴ、アジ、イワシ、コノシロ、トビウオが見られる時期は絶好のチャンスです。

逆にマイクロベイトパターンの場合はルアーでの釣果が厳しく、遊漁船によってはジギングロッドでの落とし込み釣り(泳がせ釣り)に切り替えることを勧めてくれるところもあります。

ジギングで狙うターゲットは全てフィッシュイーター、つまり小魚を捕食する種類の魚になりますので、その時期のベイト(餌)が何なのかを把握しそれにあったサイズのルアーを使用する事が重要となります。

また、真夏は一般にはあまり流通しない希少な「コシナガマグロ」の大群に遭遇することもあります。

山口ジギングのおすすめルアー

山口県でポピュラーなジギングルアーは大きく分けて2種類あります。

  1. 100~200gのロングジグ
  2. SLJ用の小型ジグ(40~80g)

水深30~80mを狙う場合、100g以上のロングジグがオススメです。

スローアクションよりも、ワンピッチジャークで激しく誘ったり高速タダ巻きでチェイスさせる方法が年間を通してアタリが多いため、フォールアピールの強い撃投ジグシマノのキングスラッシャー等が良いかと思われます。

カラーは日によって異なりますが、朝マズメから夕マズメまで安定して釣果が出るのはシルバー、定番のブルピン系カラーです。

一方、浅場でSLJをする場合は、ヒラメ、マゴチ、サワラ、真鯛、アコウ、時にはクエがヒットすることもあります。

ロングジグとは違い、軽くフワフワとしたワンピッチジャークやゆっくりタダ巻きがよく当たる印象です。

おすすめのSLJ用ジグは、ダイワTGベイトや、安価なものならメジャークラフトのジグパラなどで、重さは60〜100gです。

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥1,047 (2024/06/24 03:23:28時点 Amazon調べ-詳細)

山口のジギングのおすすめ遊漁船5選

山口ジギング船の料金相場

山口県内のジギング船に乗船する際の料金相場は10,000円~13,000円になることが多いです。

実際には乗船人数や、チャーター便 or 乗り合い便、ターゲットや時間帯、どの海域を周るかによって価格差が出ますので、

事前に確認をした上で予約をしたほうが安心です。

それでは以下、山口県内で実績のあるオススメ遊漁船のご紹介となります。

剛龍丸

 

この投稿をInstagramで見る

 

逆瀬川 剛史(@gouryuumaru2111)がシェアした投稿

小串漁港から乗船できる遊漁船です。車は船のすぐそばに無料で停めておけるので、船に荷物を載せるのがとても楽です。

周辺のポイントに詳しく、様々な場所での釣りが楽しめます。

ポイント 料金
A海域 チャーター便 80,000円 8名まで / 乗り合い便 12,000円 3名から出船可
B海域 チャーター便 60,000円 8名まで / 乗り合い便 10,000円 3名から出船可
その他 半日チャーター便 40,000円 8名まで(1人追加毎に7,000) / 乗り合い便 7,000円 3名から出船可

近海でのカワハギ便、ボートエギング、ボートシーバス、ナイト便のケンサキイカ・ヤリイカ・アジング便もあり、多種多様な釣りが可能です。

インスタグラムで料金表を開示されていますので、気になる方はご確認ください。

朝マズメにキャスティング、その後ジギング・タイラバ・SLJ・落とし込みに切り替えながらナブラがわけばキャスティングに・・・

など、状況に応じた釣り方を案内してくれるため非常に釣果があがりやすい遊漁船です。

Dreamer’s High

下関ひびき漁港から乗船できる遊漁船です。PAYPAYでの支払い可能、スタイリッシュな船で照明やスピーカー、トイレも完備。

関門海峡・六連島・蓋井島・白島周辺を得意とし、初心者やファミリーにも優しい遊漁船です。レンタルロッドも用意されており、船長さんが釣り方を優しく指南してくれます。

時間 料金
朝の部(乗り合い)日の出から14時頃港着 10,000円~(中学生以下半額!)
夜の部(乗り合い)16時から19~23時頃港着 8,000円~(中学生以下半額!)

2名から出船可(4名まで)

さらに、家族で釣りを楽しみたい方に向けて「ファミリープラン」を用意されているので

家族にとって無理のない、時間帯・体力・お財布にも優しい休日を過ごすことができます。もちろんチャーターも可。詳しくはHPをご覧ください。

Dreamer’s Highの公式HPはこちら

健洋丸

川尻漁港から出船できる遊漁船で、10kgOVERの大型青物に強く県内でも人気の遊漁船です。角島沖~汐巻周辺、萩の見島沖まで対応しています。

また、ジギング・キャスティング以外にもイカ釣りや根魚釣りも得意としています。

釣りもの 料金
角島・汐巻ヒラマサキャスティング、ジギング 5名以上の場合 12,000円 / 一人
見島・八里ヶ瀬ヒラマサキャスティング、ジギング 5名以上の場合 16,000円 / 一人

最大定員7名となっています。

健洋丸の公式HPはこちら

天然温泉付 遊漁船カタリナ

遊漁船カタリナ
出典:遊漁船カタリナHP

黒井漁港から乗船できるジギング・インチク専門の遊漁船です。

なんと乗船場所から車で2分の位置に一般公開されていない温泉があり、釣行後に利用することができます。

こまめに釣果報告されているブログでは大型の青物がよく見られ、根魚の釣果も安定しています。さらに、釣果が厳しかった事も正直に報告されているため、時期的な状況が分かりやすく信頼のおける遊漁船です。

料金
乗り合い便 10,000円 / 1人 最大定員6名 44,000円から出航可

遊漁船カタリナの公式HPはこちら

遊漁船たかくら

遊漁船たかくら
出典: 遊漁船たかくらHP

小島漁港から乗船できる、釣り歴30年を超える大ベテラン船長が運営する遊漁船です。

巨大魚トーナメント「ANGLERS DREAM CUP」にて91cmの真鯛で日本一になって優勝した経歴もあり、予約の絶えない人気船です。

予約が空いた日も釣り場の調査や仕掛け研究など、努力に余念のない船長さんなのでアングラーとして学べる事も多いかと思います。

レンタルタックルはジギング・SLJ・タイラバ・キャスティングに対応。

プラン 料金
乗り合いプラン 12,000円~16,000円 月~木は1人からでも出航 / ※金土日は2名から
チャータープラン 100,000円 最大定員6~8名

遊漁船たかくらの公式HPはこちら

まとめ

山口県内の外海(日本海側)ではジギングに特化した遊漁船が多数存在し、そのほとんどがキャスティング、タイラバ、SLJを併用して釣果をあげています。

あくまでジギングを軸とし、船長の判断を聞きながら状況に応じてタックルを使い分けるのが良い釣果への近道ではないでしょうか。

今回ご紹介した遊漁船5選は、どの船も信頼と実績がありますので安心して予約してください。

オフショアジギング用のタックルは以下にもまとめてありますので参考にしていただければと思います。

\ジギングジャーニーから週1回LINEで釣果や独り言を発信してます!釣りに関する情報交換はこちらのLINEからどうぞ/

友だち追加

この記事を書いた人
アバター画像

山口出身の猫好きアングラー。2馬力ゴムボート(ジョイクラフト)でジギング、キャスティング、タイラバ、落とし込みを楽しんでいます。
私の釣り経験を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

Dai-sanをフォローする



ジギング船
Dai-sanをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました